仕事

【就活】新卒SEの配属面談

こんにちは!ともです(@_tomo_engineer)!

僕は現在Web制作会社でアルバイトをしている19年卒の大学院2年生です。2019年の春からメーカー系のSIerで働き出します。

企業にもよりますが、大学4年生や大学院2年生の方は12月辺りに配属面談が行われ内定先の人事と配属先の希望について話し合います。

この記事では、新卒SEの配属面談の流れについて体験談を元に書きます。

希望調査

配属面談は事前の希望調査に基づいて行われました。弊社には金融系のSEや公共系のSEなどが存在し、どの業界のSEになりたいかの調査が行われました。

僕の希望の軸としては

  • 『より現場に近い所』
  • 事業規模が小さい案件に関わりたい
  • 仕事とプライベートのどちらも充実させたい

というものです。人事には上記3つを満たす様な配属先を希望しました。

より現場に近い所

『より現場に近い』の意味としては、弊社のエンジニアは会社からマネジメント的な立場を期待されています。IT企業で就活された方なら良く耳にする『上流工程』というポジションです。

僕はしっかりと中身の分かる(コードがかけるのは当然)のエンジニアでない人間は上流工程を出来ないと考えています。

会社としてはプロパーにマネジメント的な仕事を望んでいますが、出来る限り現場に近い環境で働きたいと考えています。

事業規模が小さい

現在Web制作会社でアルバイトをしていて、そこでの経験がこの『事業規模が小さい』という配属の軸を生みました。

就職先の企業はかなり大きな案件を大人数で開発する企業です。一方でアルバイト先は小規模な案件を数人でこなす企業です。

コードも書けて、お客様とも会話をし、保守業務まで行うアルバイト先の社員の方をみていて、凄くスキルアップに繋がるだろうと思いました。

大規模になると、自分一人で行う役割が限られてきます。ウォーターフォールと呼ばれる開発の流れの1つのパートを任される様なイメージです。アルバイト先の社員さんはウォーターフォールの全工程を一人でこなしていました。

この違いは大きいだろうと感じ、就職先でもその様な規模の案件をこなす配属先が良いと感じました。

仕事とプライベートの両立

SIerというのは担当するお客様の業種によって働きかたが変わってきます。金融であれば年始は銀行を停止し裏で頑張って作業をしています。土日であってもトラブルが発生すれば駆け付けないといけないかも知れません。

僕は仕事は程々にし、趣味や遊び、勉強会などへの参加などを楽しみたいと考えています。これは立派な軸だと考えているのでその様なことを人事には伝えました。

第一希望が必ず通る訳ではない

人事というのは必ずしも第一希望の配属先にしてくれる訳ではありません。会社の状況や個人の適性を見抜いての判断など、僕の様な学生にはまだ分からない判断基準があるのでしょう。

就職先の社員さんと話をした所、希望が通らなかったという方も当然ですがいました。しかし今は仕事が楽しいと仰っている方ばかりでした。僕も希望が通らなくても数年はしっかり働きたい思います。第一希望が通らなくても、意外と面白い所に配属されるかも知れませんし、配属先と合わなければ転職という選択肢もあります。希望が通っても辞める人は辞めます。

『配属ガチャ』という言葉もある様に、運による所が大きいのです。希望はしっかり伝えたので、あとは自然に身を任せたいと思います。

コードを書きたい=幸せになれない企業もある

少し話が変わって企業によってはコードを書くことで幸せになれない企業もあり、その1つが僕の内定先だと感じています。人事の方もそのように仰っていました。

会社から期待されている社員の役割がコードを書くことでは無いからです。グループ会社の方に開発をお願いし、本社社員はプロジェクトマネジメント(PM)的な仕事をするという役割分担があるのです。新人時代の4年程度は現場を知るためにコードを書きます。ただ、一定年齢を行くとPM職になって行くのです。

もし就職活動の際に注目する点として、「社員が会社からどの様な事を期待されているのか」というのは重要だと感じます。

なぜWeb系に行かなかったか

僕はどちらかと言えばコードをゴリゴリ書きたい人間なんです。SIerよりもWeb系の企業の方がコードも書けて楽しそうな雰囲気でした。

しかし弊社は待遇が良く・ワークライフバランスも良いと感じたので、コードを書く以上の魅力がそこにありました。開発をするだけなら個人アプリ開発でいくらでも出来ますし、素晴らしいコードがGitHubにはあります。副業としてコーディングをする選択肢もあります。

楽しく人生を過ごす事が生きている目的で、何が楽しいかは人によって変わるのです。自分の生き方にあった企業を選ぶのが良いと思います。SIerやSES、Webなど主語の大きな話をするのではなく、自分にあった企業を見つける事が大切なのです。

まとめ

配属面談についてや自分の考えについて書きました。あくまで学生目線で記事を書きましたので社会人として働き出して現実を見ると考えが変わると思いますので、その時はまた記事にしたいと思いますね。

配属面談の結果は2月頃ですので、その時もまた報告したいと思います。